なすの在宅生活支援センター

ラダートレーニング

こんにちは。本日もご覧いただきありがとうございます。




ラダートレーニングというものをご存知でしょうか。個人的に少し前からリハビリの際に取り入れております。




元々は俊敏性を鍛えるもので、スポーツのトレーニング等に使われることが多いものです。
「ラダー(Ladder)」とは「はしご」という意味です。梯子のようなものを地面に置き、つまづかないようにマス目をステップするトレーニングですが、脳からの指令を筋肉に伝達する速度を向上させることが主な目的として挙げられます。

動画などで紹介されているラダートレーニングの中にはラダーを複雑なステップで早く駆け抜けるものがあるので、そのようなイメージを持たれている方もおられるかと思います。




複雑なものも良いのですが、ラダートレーニングの目的のひとつに体重移動を正確に行う体の使い方・コントロール技術を身につける。というものもあります。体の使い方をしっかりと覚え、広い歩幅でリズム良く歩くことが出来るようになることを目指して、様々な疾患の方に使わせていただいております。




様々なステップでトレーニングを行うことが出来るので、飽きずに楽しく歩行練習が出来るというのも利点ではないかと感じています。




実際にラダートレーニング実施後、歩行速度向上、重心動揺の減少等の効果が得られたという文献もあります。機会がありましたら是非お試しください。

ホーム | 居宅介護支援 | 訪問看護 | 訪問介護 | 訪問入浴介護 | 研修事業 | 会社概要 | 交通アクセス | 求人情報 | お問い合わせ・ご予約は
Copyright © 2017 One-or-Eight.LLC All Rights Reserved.